マイナスドライバーでクロスバーを容易に開閉、および上方からのクロスバ
ー着脱で最大限に空間活用が可能、結合力UP。

クロスバーと本体の間に段差をつけることで、動作時クロスバーに余分な力が加わらず長寿命を約束。

3点結合方式でネジレによるリンク脱落を防止。

アルミ製クロスバーを使用することで、幅方向をご希望の寸法にオーダーメイド製作可能。

エンドブラケットは取付け方向を自由に設定、取付け可能。
スライド走行においてローラースケートを附着することで、低トルク、低摩擦で稼動、摩耗も減少し長寿命を実現。
機械部とケーブルキャリアー部が樹脂部材で分離されており振動を最小限に。
他社製品に比べ長寿命、メンテナンスも簡単。
ケーブルを両側のキャリアーに分割設置でき荷重を分散可能。
ケーブルの寿命を伸ばし、駆動力を最小限に抑えることが可能。
ディバイダーを使用し簡単に電線及びホースを任意の間隔に分割可能。
金属製ケーブルキャリアーは他社品に比べて 20% 軽量化を実現。
荷重を受けるボディー部分はプレス加工により強度と耐久性を大幅UP。